いかのうに塩辛(海士物産)

東京日本橋の島根県のアンテナショップで購入。

素敵なパッケージが目を引きます。イカの絵も親しみ深くナイス。島根と言えば、鯖の塩辛を思い出すけど、イカの塩辛もいくつか販売してました。

さて、いかのうに塩辛の発売元、海士物産。「海」に「士」で何て読む?って調べたら「あま」と読む。島根県隠岐郡(おきぐん)の海士町(あまちょう)の海士物産は、飛魚だしで有名な会社。

海士町を紹介する良いサイトもあったので、こちらも。

「ないものはない」海士町について

海士町は、隠岐が遠流の地と定められた時代より、多くの政治犯や貴族の方を受け入れてきました。

イカとウニを合わせた塩辛は、駿河屋加兵衛の虎金(こがね)で一度経験ありますが、ウニの風味が引き立つ甘く濃厚な味でした。さて今回は?

甘いのを想像していたら、しょっぱいー。駿河屋加兵衛のものより、こちらの方が断然塩辛感はあります。あちらは、とても美味しいけど、塩辛か?と言われると、違うかもしれないと言えちゃうニュータイプでした。イカわたも入ってなかったと思う。

海士物産のはしょっぱいウニ味噌と塩辛を合わせたイメージ。日本酒に合う。甘い味が多い北海道や東北のものに比べると、九州に多いしょっぱみが強い西の味かなー、感じました。島根近辺の他の塩辛も食べてみたい。

塩辛スペック