いかの赤作り(新潟加島屋)

東京二子玉川のデパート高島屋内で発見した新潟加島屋。さけの塩漬や味噌漬など、鮭の商品に違いを入れている感じであったが、ありました!!塩辛!!


いかの赤作りと、いかげそ塩辛を購入。今回紹介するのは赤作り。そもそも赤作りとは?

イカの塩辛を作るときに皮をつけたまま仕上げたもので、皮をはいだ胴の部分を用いた場合は「白作り」、墨(すみ)を加えたものは「黒作り」といいます。

[参照元] https://kondate.oisiiryouri.com/sashimi-aka-zukuri/

さて、早速食べてみた。ゆるゆるで、だしが強い。成分みると、カツオだしと昆布だしが入ってた。

塩辛って大きく分けて、甘いかしょっぱいで分類できて、甘いものが多いが、これしょっぱい系。
公式サイトで紹介されていたように、大根添えても美味しいかった。シャキシャキ大根に、とろーりしょっぱい塩辛が美味しかった。

公式通販サイトで購入できます。

日本近海で漁獲される「するめいか」を細切りにし、いかわた(肝臓)と和え、調味・熟成いたしました。ご飯のお供に、また、大根やきゅうりなどの野菜を添えて、小鉢の一品としてもお楽しみいただけます。


塩辛スペック

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。