熟成塩さばの白造り(焼津冷蔵)

東京、上野の吉池の塩辛コーナーで珍しい塩辛を見つけたので購入。

熟成した塩さばを麹に漬けて仕上げた、味わい深い逸品です。

熟成塩さばの白造り(焼津冷蔵)

実食。青魚特有の匂いなのか、クセ強い。ご飯と言うよりは酒の肴。一般の人にはまあまあハードコアな塩辛の一種。通好みの味。

全日本さば連合会公式グループによれば、さばの馴れずしに近いらしい。

さばの馴れずしは和歌山県のものがよく知られており、紀州の腐れずしともいわれている。酢などを用いず自然発酵によって風味をもたらしている。発酵の仕組みはふなずしと同じであるが、ふなずしに比べて熟成期間が短く、においや馴れ具合も弱い。類似のすしは和歌山以外にも、サバ、小アジ、サンマ、アユ、ハスなどを用いたものが各地にある。

藤井建夫著「魚の発酵食品」

さばの馴れずしは、藤井建夫著「魚の発酵食品」にも記載されている。

馴れずしやふなずしは、いつかトライしてみたい。ただ、ちょっと私にはハードル高そうだな~。

塩辛スペック